【2023年ゴルフルール】新ゴルフ規則の8つの変更点を解説

ゴルフルール ゴルフ初心者

【2023年ゴルフルール】新ゴルフ規則の8つの変更点を解説

ゴルフ規則は4年に1度のサイクルで改訂がされています。2019年の大改訂後、2023年のゴルフ規則は小規模なマイナー改訂です。

プレーの簡素化とプレーファーストの観点から新ルールの主な8つの変更点を解説します。

本記事では全てのアマチュアゴルファーに向けて、2023年1月1日から施行する新ゴルフ規則の主な8つの変更点を解説

ルールを細かく覚える必要はないという、アマチュアゴルファーが大半でしょう。しかしコンペや競技会で「同伴者が誰一人としてルールを知らない」というような状況がないように、徐々に従来ルールと並行して新ルールも覚えましょう。

ルールを覚えることで、コースマネジメントにも役立ちます。ゴルフルールは知っていて損はありません。
本記事を一読していただき、新ゴルフルールを参考にしてゴルフライフを充実させましょう。

ゴルフルールを学ぶことで、コースマネジメントにも役立ちます。ゴルフ技術を磨くことと同じくらいマナーやルールを覚えることが重要です。

実際のラウンドで起きそうな状況をコースエリア別に解説しています。
コンペや競技会などに参加されるアマチュアゴルファーは必見。
ゴルフルールが曖昧な方は、一度書店で手にとって見ましょう。

損傷したクラブの処置

足でクラブを折ったりクラブを地面にたたきつけたり、自ら乱暴に扱ったことが原因の場合は対象外です。

ラウンド中にクラブが破損した場合、交換や修復、そのまま使用できます。
これまでは損傷したクラブをそのまま使用するか、修理するかの選択肢しかなかった。


なおアマチュアゴルファーの大半は、自宅にあってもスペアクラブを持参していないので、あてはまるゴルファーはまれでしょう。

ボール捜索の合理的な時間

ボールの捜索時間は3分ボールを見つけた後、そのボールを確認するためであれば1分間の時間が認められます。

ボール検索3分の制限以内にボールを発見し、遠方でボールが発見されても、その場所まで移動して確認する時間も含まれます。

間違ったボール交換

ボールの取り換えが認められないケースです。
2023年の規則では、誤ってインプレーのボールとしてプレーした場合、罰が軽減され2打罰1打罰になった。


例えばグリーン上でマークして拾い上げ、ボールをポケットにしまいます。
うっかりポケットの別ボールでプレースをして、パッティングした場合は1打罰です。もしプレーする前に気づいて、正しいボールでプレーすれば無罰。

自然に動かされた球

ドロップやプレース、リプレースしたボールが止まった後、自然の力でボールが転がり他のエリアやOB区域に転がって止まった場合、無罰リプレースします。

元のボールを取り戻せない場合、別のボールでリプレースします。

一方で通常のインプレーで止まっていたボールが、自然の力で動いた場合、動いて止まった地点からプレーしなければならない。止まっていたインプレーのボールが、自然の力で動き出し、OB区域に転がった場合はOBです。

リッキーファウラー選手の池の処置

「WMフェニックスオープン」で米国のリッキーファウラー選手の出来事です。

池に入れたボールをドロップの処置をします。リッキファウラー選手が打つ前にボールが動き出し、再び池に落ちてしまった。
従来のルールのためペナルティーが追加で科されました。

テレビで放送され、多くの視聴者から苦情が殺到したそうです。

救済を受けて止まったボールが、その後自然の力によって他のエリアに転がった場合無罰リプレースに変更になります。

ゴルフ場は5つの区域で構成される

ゴルフ場の全区域をコースと呼びます。
ティーイングエリア、バンカー、ペナルティーエリア、パッティングエリア、ジェネラルエリアの5つの区域で構成されます。

ジェネラルエリアは簡単に言うと、旧スルーザグリーンの呼び名が変わり意味は同じです。

ジェネラルエリアに含まれるもの

  • ラフ
  • フェアウェイ
  • グラスバンカー
  • サブグリーン
  • 修理地
  • 砂のないグラスバンカー

上述のリッキーファウラー選手の池の救済はジェネラルエリアに処置しますが、バンカーに入った場合も再度ボールの止まった地点に無罰リプレースします。


フェアウェイにドロップし自然の力によってボールがラフに入った場合、フェアウェイとラフは両方ともジェネラルエリアのため、そのままインプレーです。

後方線上の救済の簡素化

2023年の規則では、「後方線上の救済」の救済エリアが変更されました。

ここでは、レッドペナルティーエリアの救済とバンカーのアンプレヤブルの救済について旧ルールと比較して解説します。

レッドペナルティーエリアの救済は3つの選択肢

2022年までのアンプレヤブルは、1打罰3つの救済からの選択肢でした。

レッドペナルティーエリアの救済(旧ルール)

  すべて基点よりホールに近づかない条件

  • 元の地点から打ち直す。基点をとり、1クラブレングス以内の救済エリア(半円形)にドロップ
  • ボールとホールを結んだ後方線上に基点をとり、1クラブレングス以内の救済エリア内にドロップ
  • ボールが最後に横切ったと推定される地点(エントリーポイント)を基点とし、ラテラル救済を受ける。
    2クラブレングス以内にドロップ

上述の①③は 旧ルールと同じですが、2023年新規則ではの後方線上の救済が簡略化。

新規則では、基点にティーを刺すなどの設定の必要がなく、プレーヤーは後方線上にドロップ。

②ではボールとホールを結ぶ後方線上にドロップします。後方線上の救済エリアは、プレーヤーが基準線上(線上にドロップ)にボールをドロップした落下地点が基点です。その基点からどの方向にも1クラブレングスの範囲内にボールがあれば救済が完了します。


旧ルールまでの救済エリアが、ホールに近づかないように半円形だったが、新ルールでは、1クラブレングスの円形に救済エリアが変更

基点の落下地点からピンに近づいても1クラブレングス以内の範囲にボールが止まればOKです。

救済エリアは必ず基準線上(線上にドロップ)の1点にしかドロップできません。救済エリアにドロップをし、1クラブレングス以上転がった場合、再ドロップです。

ラテラル救済とは?

ラテラルとは「横の」とは「横に向かって」という意味。
救済エリアの基点を決めるときに、「横あたりからの救済」を受けられます。

レッドペナルティーエリアからの救済は、ボールが最後に横切った地点が基点です。
アンプレヤブルの救済処置は、見つかったボールの場所が基点。

つまりアンプレヤブルの救済の場合、ボールを見つけることが必要です。
「この辺にあると思う」ではアンプレヤブルの救済は受けられません。

バンカーのアンプレヤブルの救済は4つの選択肢

2022年までのアンプレヤブルは、4つの救済からの選択肢でした。

バンカーのアンプレヤブルの救済(旧ルール)

  • 1打罰で、元の地点から打ち直す。基点をとり、1クラブレングス以内の救済エリアにドロップ
    (基点よりホールに近づかない)
  • 1打罰で、バンカー内の後方線上の救済を受ける。1クラブレングス以内の救済エリアにドロップ
    (基点よりホールに近づかないバンカー内であれば、距離に制限がない)
  • 1打罰で、バンカー内のラテラル救済を受ける。2クラブレングス以内の救済エリアにドロップ
    (基点よりホールに近づかないバンカー内)
  • 2打罰で、バンカー外の後方線上の救済を受ける。1クラブレングス以内の救済エリアにドロップ
    (基点よりホールに近づかないバンカー外)

上述の①③は旧ルールと同じですが、2023年は②④の後方線上の救済が簡素化。

バンカーバンカーの違いがありますが、考え方は同じです。新ルールの後方線上の救済エリアは、プレーヤーが後方の基準線上の1点にドロップします。その基点(落下地点)から、1クラブレングス以内の範囲にボールが止まれば救済OK

障がいのあるプレーヤーのための規則を記載

障がいのあるゴルファーが、プレーするときに必要な規則を「規則の25条」に掲載し、ルールブックに組み込まれました。

すべての競技で適用され、規則に則してプレーする必要があります。

これまでは、ゴルフ規則になく別冊のローカルルールでしたが正式にルールブックに記載されました。

ハンディキャップの記入ルール変更

ストロークプレーで、ハンディーキャップをスコアに記入する大会に関連します。

2022年まではハンディーキャップを正しく記入しないスコアカードを提出した場合、失格になる可能性がありました。

2023年からはプレーヤーに責任はなく、間違ったハンディーキャップでも無罰になり、競技委員会側の責任です。

ルールブックプレイヤーズ版のデジタル化

時代の流れにより環境配慮の観点から、2019年に始まったプレーヤーズ版は廃止。
その代わりにゴルフ規則アプリが誕生します。このR&Aゴルフ規則は無料でダウンロードができます。

2022年までアメリカだけでルールブックは200万部でページに換算すると5億ページの印刷がなくなり、大幅な経費削減につながります。

ゴルフ規則書とゴルフ規則のオフィシャルガイドは発行されます。

R&Aゴルフ規則  R&A公式ゴルフ規則は、ゴルフ規則の全文が掲載されています。

まとめ

アマチュアゴルファーが覚えておくルールは、実際のラウンドのときに起こる可能性のあるルールです。全部を覚える必要はありません。

2022年までのルールと比べ、新ルールはどこが変更されたのかを確認しながら、徐々にルールを覚えます。

ゴルフのマナーやルールを学び、実際のラウンドに役立てましょう。

あわせて読みたい
【2023年ゴルフルール】覚えておきたいティーイングエリアのルール

ゴルフのスタート地点になるティーイングエリア。ティーイングエリアにはさまざまなルールがあります。 すべてを覚える必要はありません。徐々にラウンドを繰り返し実践を交えて覚えましょう。 本記事はゴルフ初心 ...

続きを見る

あわせて読みたい
【2023年ゴルフルール】覚えて損しないパッティンググリーンのルール

ゴルフ場の良し悪しを決定し、生命線であるパッティンググリーン。そのグリーン上で知らずにルール違反を犯していないでしょうか? 2019年の大幅なルール改正で簡素化されたが、分かりづらいルールが多くありま ...

続きを見る

あわせて読みたい
【2023年ゴルフルール】バンカーで覚えておきたいルールとマナー

グリーンをデッドに狙いにいくと吸い寄せられるように入ってしまうバンカー。 バンカーは頻繁に練習ができないため、苦手意識のあるゴルファーが多いと思います。 本記事は100切り目標のゴルファー向けに、バン ...

続きを見る